消費者庁は30日、家電・石油機器の販売会社「千石」(兵庫県加西市)が中国から輸入・販売した石油ストーブで、昨年12月〜今年3月に4件の火災が相次いで発生したと発表した。

 うち1件では1人が死亡している。このストーブは、タンクのふたを力強く押し回す仕組みだったが、高齢者が正しくふたを閉められず、灯油が漏れて引火した可能性があるといい、同庁が注意を呼びかけている。

 同庁と同社によると、問題のストーブは、「グリーンウッド」と「アラジン」の二つのブランドで販売された「GKP―S241N」「AKP―S280」など計6製品で、昨年7月〜11月に計約5万台が販売された。

 同社はふたの仕組みの改良に取りかかっており、今後、無償交換する予定。

民主・鉢呂氏側、3年分の献金日を虚偽記載 規制法抵触か(産経新聞)
12万5000台リコール=ダイハツ(時事通信)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
<コウノトリ>卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
[PR]
# by j6lxaiphty | 2010-04-02 03:28
 霧島山(宮崎、鹿児島)の新燃岳の火山活動が活発化し、小規模な噴火が起きる可能性があるとして、気象庁は30日、噴火警戒レベルを平常の「1」から火口周辺の立ち入りを規制する「2」に引き上げた。
 同庁によると、同日午前7時34分ごろから火山性微動を観測、同8時ごろからは白色の噴煙の量も増加した。火口からおおむね1キロの範囲で噴石への警戒が必要という。 

<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ−「2年で制度化への道筋を」(時事通信)
遮断棒折れ阪和線14本運休(産経新聞)
ギョーザ事件、日中捜査協力「試金石だったが…」(読売新聞)
虐待防止へ厚労省と文科省が指針(産経新聞)
[PR]
# by j6lxaiphty | 2010-03-31 01:12
 大麻や覚せい剤などの不正薬物の輸出入に対する罰則強化などを盛り込んだ改正関税法が26日午前の参院本会議で可決、成立した。女優の酒井法子元被告ら、芸能人の薬物事件が相次いでいることなどから、懲役刑の上限を現在の7年から10年に引き上げ、薬物汚染の拡大阻止につなげる構えだ。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年
コカインなど所持で追送検=JAYWALK中村容疑者

沖縄ひき逃げ、女性米兵が県警に出頭へ(読売新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)
[PR]
# by j6lxaiphty | 2010-03-27 21:12
 京都五花街でもっとも歴史の古い上七軒の春公演「北野をどり」(25日〜4月7日)の前夜祭が24日、京都市上京区の上七軒歌舞練場で開かれ、ひと足早く関係者らに公演を披露、芸舞妓(まいこ)らがあでやかに踊った。

 今年は歌舞練場の大改修が完了し、約3週間開催日を繰り上げて各花街の春公演の先陣を切る。招待客らは新調された巨大な和紙緞帳(どんちょう)の醸し出す光の演出を堪能した後、よりいっそう華やかになった舞台に大きな拍手を送った。

 料亭「西陣魚新」の女将、寺田ひろみさんは「踊りも新しい舞台もとてもすばらしかった」と話していた。

【関連記事】
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
芸舞妓、あいさつ回り 京の花街で「八朔」
京の町で安心して観光を 災害時に商店街と連携へ全国初の協定締結
披露宴の解約料高すぎる、京都の消費者団体が提訴
「桜の通り抜け」4月14〜20日に開催
あれから、15年 地下鉄サリン事件

乗員13人が軽傷 マイクロバスとタクシーが衝突 東京・東雲(産経新聞)
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾−監視委(時事通信)
橋下知事の伊丹空港廃止構想、府議会も決議へ(読売新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)
[PR]
# by j6lxaiphty | 2010-03-26 14:20
 マウスの精巣では、病気などで精子のもとの幹細胞が異常に減ると、幹細胞から精子に変わり始めた細胞の一部が逆戻りし、幹細胞の数を維持する仕組みがあることが分かった。子孫を残すのに不可欠な精子を、長年、多くつくり続ける上で、この仕組みが重要な役割を果たしていると考えられるという。
 基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)や京都大、米ジャクソン研究所の研究チームが19日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。
 幹細胞は、自ら増殖する一方、特定の機能を果たす細胞に変わる細胞。同様の逆戻りシステムが、サルやヒトの精巣にも存在する可能性があるが、実験手法が限られるため、確認は容易ではない。一方、血液など、身体のほかの組織にある幹細胞にも、逆戻りシステムがあるかもしれないという。
 マウス精巣の幹細胞「精原細胞」は、自ら増殖する場合以外は、分裂して連結した2個の細胞となる。いったん連結状態になると、数珠つなぎに2倍ずつ増え、これらは皆、精子へ変わる方向にあると、約40年前から信じられてきた。
 しかし、基礎生物学研究所の吉田松生教授らが、遺伝子操作で精原細胞と連結細胞を見分けられるようにすると、連結細胞の一部が精原細胞に逆戻りすることがあると判明。さらに、薬剤で精巣にダメージを与えた場合は、減ってしまった精原細胞の数を回復させるため、逆戻りする割合が増えることが分かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も
サリドマイドの副作用解明=手足の成長たんぱくを妨げ

<秋篠宮さま>タイ訪問の日程一部変更 国情の不安定化で(毎日新聞)
<個人情報流出>校長の私有パソコンから 長崎市立中(毎日新聞)
青魚でPTSD緩和 DHA摂取 予防効果?(産経新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し−最高裁(時事通信)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
[PR]
# by j6lxaiphty | 2010-03-24 10:11
スペルボーン(Spellborn)